病気を適切な治療で改善|ツライ症状排除ッカー

健全でもなる可能生

受付

無呼吸症候群には「睡眠時無呼吸症候群」と「Eメール無呼吸症候群」という2タイプあります。 睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に10秒以上の無呼吸(呼吸が止まる)状態が30回以上おこる病気です。無呼吸以外にも大きないびきをかく、呼吸が乱れる、むせる、何度も目が覚める、寝汗をかくなどの症状を伴います。 もう1つの無呼吸症候群のEメール無呼吸症候群は、パソコンでEメールをしている時に気がつくと呼吸が止まっているという症状で、Eメール以外にもパソコンで集中してブログやSNSにタイピングしている最中に気がつくと呼吸が止まっているという症状もEメール無呼吸症候群と呼ばれ、このタイプは健康な人でもおこる症状で決して珍しくはありません。

まず睡眠時無呼吸には閉塞型と中核型があり、閉塞型は喉にある空気の通り道である気道が塞がってしまい呼吸ができなくなります。 中核型は呼吸中枢に異常が起きて呼吸が止まってしまいます。 睡眠時無呼吸症候群は寝ている時の症状だけではなく、日中強い眠気に襲われる、倦怠感、集中力・思考力の低下など仕事や勉強に影響が出てしまいます。 治療方法としてはCPAP療法という気道に空気を送り続けて、気道を開存させる装置を睡眠時に利用する不法、マウスピース、外科療法によって行います。 Eメール無呼吸症候群の場合も倦怠感や頭痛などの症状があらわれることが多くなります。 治療方法としてはパコソンに向かう時の姿勢に気をつけて、長時間パソコンの前に座らず体を動かしたり深呼吸をすることが効果的です。