病気を適切な治療で改善|ツライ症状排除ッカー

自分の体調など

病院

睡眠時無呼吸症候群は、眠っているときに呼吸が止まる症状です。医学的に10秒間気道に空気が流れない状態を無呼吸といい、一晩に30回以上、1時間に5回以上起こると睡眠時無呼吸症候群とされます。寝ている間に起こる症状のため、本人の自覚症状がなく、多くの潜在患者がいるといわれています。呼吸が止まる要因は、大きく分けて2つあります。一つは閉塞性睡眠時無呼吸症候群で、空気の通り道である気道が狭くなり、呼吸が止まってしまう症状があります。ほとんどがこの症状で、喉周りの脂肪が付きすぎたり、舌の付け根が上気道を圧迫して狭くなることで起こります。二つ目に、呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸症候群があります。気道は開いたままなのに、脳から呼吸指示が出なくなり止まってしまいます。この症状は数パーセントしかいないとされています。

無呼吸症候群の治療は、症状を緩和させる対症療法と、根本的に原因を取り除く根治療法があります。無呼吸を緩和させるためには、首や喉の周りの脂肪が原因とされるため、生活習慣を改善し減量が必要になります。また、鼻がつまったり鼻呼吸がしにくい場合には鼻の改善も必要です。日本で普及している治療に、経鼻的持続陽圧呼吸療法といわれ、閉塞性睡眠時無呼吸症候群の人に効果的です。寝ている間に気道に空気を送り続け、気道内を開放させる療法です。専用の装置は医療機関からレンタルすることができ、健康保険が適用できます。鼻に装着したマスクにその装置から空気を送り、症状を緩和させます。毎日行う治療は根気が入り、装着の違和感になじむ大変さがありますが、深刻な状況に至る前に環境を整えていきましょう。